爬虫類が多い!爬虫類好きにおすすめの動物園

こんにちは。管理人のほーりーです。

今回は日本全国の爬虫類を多く飼育してる動物園を紹介する記事です。

 
ごはん怪獣
どらんご

爬虫類好きが楽しめる動物園はどんなところが?

どんな爬虫類がいるの?

雨でも楽しめる施設はある?

それぞれのアクセスや所要時間はどれくらい?

体感型動物園iZoo(イズー)

公式HP

体感型動物園 iZoo

推しアニマル

  • ミミナシオオトゲ
  • ヒロオビフィジーイグアナ
  • サイイグアナ

営業時間

9:00~17:00(最終入園16:30) 年中無休

料金

大人(中学生以上)→2000円 子ども(小学生)→800円 幼児→無料 

※イズー・カワズー共通入場券

大人→2500円 子ども(小学生)→1000円 幼児→無料

アクセス

河津駅よりタクシーにて13分

場所

静岡県賀茂郡河津町浜406−2

日本を代表す爬虫類専門(ハダカデバネズミとかはいます)の動物園で、園長はテレビで最近はおなじみの白輪さんです。

以前は伊豆アンディランドというカメ専門の動物園でした。

ライオンもいません。キリンもいません。ゾウガメを放し飼いにした広場があります。

サイイグアナやミミナシオオトゲやヒロオビフィジーイグアナなど超めずらしい爬虫類が飼育されています。

どこかで見たことあるショップさんたちがたくさんサポーターになってました。びっくり。

『行く前に知っておきたい』カメレースの時間とふれあい・エサやり・記念撮影について紹介。

カメレースの時間

平日 ●11:00~ ●14:00~ の2回 
土日祝 ●11:00~ ●13:00~ ●15:00~ の3回

ふれあいに関しては、イズーの飼育員の方が園内を巡回していて、声をかけると触らせてもらえます。

私のいった時はムカシカイマンを連れて巡回中でした。日替わりのようでボアコンストリクターなどのヘビの日もあるみたいです。

エサやりは屋内展示エリアで、リクガメにあげる用の野菜を300円で購入してあげることができます。もちろんふれあいもできます。

こんな感じで普通にケヅメリクガメやアルダブラゾウガメが歩いてたりもします。前回行ったときはエボシカメレオンも普通に歩いてました(笑)

記念撮影はゾウガメ牧場の前で、ビルマニシキヘビなどのヘビと撮影できます。

またゾウガメ牧場では、体重30kg以下の子供さんはゾウガメに乗って記念撮影ができます。私ももう少し痩せてれば…。

イズーのランチについて紹介。

一見普通のカレーと焼き鳥です。

でもこれ実はワニ肉です。味は鳥と魚の間で、鳥よりでしょうか。

他にもワニ料理がたくさん食べれます。見て、触れて、食べれる動物園ってここだけかと思います。

ちなみに近くにベビーカー置き場とキャリーバックが入りそうなコインロッカーがあります。

園内はヤシガラのようなものが敷いてあってオフロードですもんね…。

コインロッカーは河津駅にもありますので、そちらのが確実に空いてるかもです。

イズーのお土産について紹介。

爬虫類好きには夢のようなデザインのお土産がたくさんあります。

私はこちらのプリントサブレ買いました。クレステッドゲッコーやフィジーイグアナなど全部イズーにいる爬虫類です。

ちなみにクレステッドゲッコーは誰が世話してるのかは謎ですが、お土産コーナーにいました(笑)

クレステッドゲッコー
イズーのレポートはコチラから
【2019イズーレポート】飼育しているヘビやトカゲの種類一覧も紹介。

KawaZoo -体感型カエル館 カワズー

公式HP

KawaZoo -体感型カエル館 カワズー

推しアニマル

  • ゴライアスガエル

営業時間

10時~16時30分(最終入館16時) 年中無休

料金

  • 大人(中学生以上)→1000円
  • 子ども(小学生)→500円
  • 幼児→無料

※イズー・カワズー共通入場券

  • 大人→2500円
  • 子ども(小学生)→1000円
  • 幼児→無料

アクセス

  • 河津駅よりタクシーにて13分
  • 河津駅より東海バス『 修善寺行き』にて約25分

場所

〒413-0501 静岡県賀茂郡河津町梨本377−1

イズーの姉妹園としてOPしました。

世界の両生類をカエルを中心に展示していて、世界最大のゴライアスガエルがいます。

ただカエルたちも隠れているので、探すのにも一苦労します(笑)

ソバージュネコメガエル
ゴライアスガエル

放し飼い施設もあり、ここにもゴライアスが潜んでるようですが、なかなか見つけるのは難しいです。

私はふつうのカエルしか見つけられませんでした。

放し飼い施設

イズーと同じく室内飼育が多く、雨の日でも楽しめると思います。距離もイズーと近いので共通入場券を買って両方いきたいところです。

カワズーのお土産について紹介。

カエルグッズだらけです。

職場のお土産に買えるのシフォンを。バジェットガエルが人気でしたね。

アカメアマガエルのスマホリングもかなりグッド。ベルツノのリングもありました。

カワズーのレポートはコチラから
【2019カワズーレポート】ゴライアスガエルなど飼育しているカエルの種類一覧も紹介。

熱川バナナワニ園

公式HP

熱川バナナワニ園

推しアニマル

  • シャムワニ
  • ナイルワニ
  • シャム×ナイルのハイブリッドワニ
  • ネパールレッサーパンダ

営業時間

8:30~17:00 (最終入園 16:30)年中無休

料金

  • 大人(中学生以上)→1500円
  • 子ども(4歳~中学生)→750円
  • 4歳未満→無料

アクセス

伊豆急行線『伊豆熱川駅』より徒歩 1 分

場所

〒413-0302 静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本1253-10

熱川バナナワニ園はワニ園と植物園果樹園に分かれています。

諸説ありますが、ワニは全部で23種類ちょっといると言われています。

バナナワニ園17種類ものワニを見ることができて、エサやりなども曜日によっては見れます。

私が行ったときはちいさいカイマンにふれあいもできました。

植物園には熱帯の植物はもちろんですが、アマゾンマナティー(日本でここだけ)や子ワニもなぜかいます。

果樹園(分園)にはメインのバナナのほか、レッサーパンダが多数います。しかしここにいるレッサーパンダは1味ちがいます。

普段動物園でよく見るのは中国に分布する『シセンレッサーパンダ』です。
動物園の飼育動物調べる方法はコチラ

しかしなぜかここにはインドやネパールに分布する『ネパールレッサーパンダ(別名ニシレッサーパンダ)がいます。

どうやら日本で唯一みたいですが、特徴は顔が少し白っぽくて体が小ぶりです。

マレーガビアル
ニシレッサーパンダ(ネパールレッサーパンダ)
アマゾンマナティー
オオオニバス

行く前に知っておきたい』ワニたちのエサやりの時間

餌やりの時間ですが公式サイトによると以下の通りです。

※エサやりをご覧いただける曜日は以下になります。
4月~9月:毎週水曜日と日曜日(水曜日:本園ワニ園 / 日曜日:分園)午後1時~  10月~3月:毎週日曜日(本園ワニ園と分園は隔週で交代)午後1時~ 
※ワニの体調や都合により変更や中止になることがあります。詳しくはお問い合わせください。

熱川バナナワニ園公式サイト より引用

普段ぐでっとしてるワニが活発に行動してます。やっぱり動物は食べてるときが一番イキイキしてますね。

ちなみにマナティーの餌やりは、毎日10時30分と14時~

レッサーパンダの餌やりは毎日9時~と15時~お食事タイムがありますので、必見です。

バナナワニ園のランチ紹介。

これが噂のランチ、フルーツパーラーです。 果樹園でバナナを見せられたら食べないわけにはいけません。

2人で食べてちょうどよかったです。 バナナはもちろんここで収穫したもの使ってるみたいで、 めっちゃウマイ。

バナナワニ園のお土産紹介。

とりあえず定番の『熱川ばにお』Tシャツ。激かわいい。

黄色以外にも色はありますが、やっぱり人気そうなのはコレ。

も、もちろん普段使いしますよ。

こちらはワニ全種類のってる下敷き。裏と表。 センスありすぎて即購入。これでワニの種類勉強しましょう。

バナナワニ園のレポートはコチラから
【2019バナナワニ園レポート】飼育しているワニの種類一覧と他の爬虫類も紹介。

草津熱帯圏

公式HP

草津熱帯圏

推しアニマル

  • マレーガビアル
  • エリマキキツネザル

営業時間

8:30~17:30 年中無休

入館料

大人→1000円 高校生→700円 子供→600円

アクセス

  • JR吾妻線『長野原草津口駅』よりバスで20分
  • JR長野新幹線『軽井沢駅』よりバスで60分
  • 草津バスターミナルから徒歩で15分

場所

〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津286

日本で最も高い所にある動物園で、かなり古いですがそこがまた逆にいい感じです(笑)

熱帯のドーム型の屋内展示がメインですが、私が行ったときは雨漏りしていて傘が必要でした…。ですがそこがまた熱帯ぽくていいです。

爬虫類やサルを中心に、熱帯の動物を飼育しています。全体的に動物との距離が近くてキツネザルを触れました。(超モフモフ)

めずらしいワニ、マレーガビアルが飼育されています。いかにも魚食べそうな口していて、やっぱり魚も食べるみたいですがココではラットを与えていました。

どうやら日曜日にワニのエサやりがあるみたいですので、あの迫力を見るためにも、日曜日の訪問をお勧めします。

またボアコンストリクターを首にまいての記念撮影ができます。

動物の体調にもよりますから、イベント等は事前に確認すると確実かとおもいます。 

ジャパンスネークセンター

公式HP

ジャパンスネークセンター

推しアニマル

  • ガラガラヘビ
  • ブラックマンバ
  • キングコブラ

営業時間

9:00~16:30

料金

大人(中学生以上)→1000円 子供→500円

アクセス

『藪塚駅』から徒歩15分

場所

〒379-2301 群馬県太田市藪塚町3318

日本蛇族学術研究所が運営しているヘビ専門の動物園です。建物自体は古そうですが、内容はかなり充実しています。

見どころは、違法飼育され押収されたブラックマンバがいる展示です。あれほどの数はここでしか見られないと思います。

違法飼育個体がスネークセンターには連れてこられるようで、かなりの数のマンバがいました。

ちなみにヤマカガシの血清を日本で唯一保管している施設でもあり、毒蛇に噛まれた時の相談も電話にて受け付けているみたいです。

もうひとつの見どころは、土曜・日曜に開かれるハブの採毒実演がおすすめです。あのスネークフック捌きと採毒のプロ技には感動しました。

最後に、レストランにてマムシの蒲焼きが食べられました。正直そこらのうなぎ料理よりおいしい。魚と鳥の間の鳥よりって感じでした。

上野動物園

公式HP

上野動物園

推しアニマル

  • パンダ
  • オカピ
  • コビトカバ
  • ガラパゴスゾウガメ
  • アメリカドクトカゲ
  • メキシコドクトカゲ

営業時間

9:30~17:00 月曜定休日(例外あり)

  • 大人→600円 65歳以上→300円
  • 中学生→200円 小学生以下と都内在学・在住の中学生→無料 

料金

アクセス

JR『上野駅』から徒歩5分

場所

〒110-8711 東京都台東区上野公園9−83

日本最古の動物園。3大珍獣パンダ、オカピ、コビトカバを同時にみることができ、パンダでよくメディアを騒がせる上野動物園です。

ハシビロコウやハダカデバネズミなど話題の動物もそろっています。

上野動物園にも爬虫類館はあります。パンダ展示の力はすごいですが、爬虫類館も負けません。大きい温室のようになっていて、ジャングル仕様環境一体型の展示です。

イリエワニ、ガラパゴスゾウガメ、ホウシャガメ、グリーンイグアナ、ハイギョ、アロワナなど爬虫類好きの好みをついた動物が一通りそろっていて、広い環境で展示されてます。

日本の爬虫・両生類も一通り飼育していて、レア蛇のシロマダラもいます。

飼育の参考になる展示も多数ありますので、上野に行った際は足を運んでみてはと思います。

東山動植物園

公式HP

東山動植物園

推しアニマル

ラーテル インドガビアル オオサンショウウオ

営業時間

9:00~16:50 月曜定休(例外有り)

料金

大人(高校生以上)→500円 中学生以下→無料

アクセス

  • 地下鉄東山線『東山公園駅』 3番出口より徒歩3分
  • 地下鉄東山線『星ヶ丘駅』 6番出口より徒歩7分

場所

名古屋市千種区東山元町3-70

イケメンゴリラのシャバーニで有名の東山動植物園です。

他にも日本で唯一ラーテル飼育しています。

ラーテルは体の倍以上の大きさのライオンとケンカしたり、ハチの巣をおそってハチミツを食べたりなど最凶の動物と言われてます。私も見習いたい動物の一人です。

爬虫類は自然動物館に展示されていて、ヘビはかなりの種類がいます。

ワニの展示は滝まで再現された広いビバリウムになっていて、上から、横からといろんな角度で見ることができます。

一番幸せな環境のワニたちだと思ってます。中でも珍しいインドガビアル展示しているのも見どころです。

野毛山動物園

公式HP

野毛山動物園

推しアニマル

  • カグー
  • ヘサキリクガメ
  • インドガビアル

営業時間

9:30~16:30 (入園は16:00まで)

月曜日は定休日(祝日の場合翌日)

所要時間

2時間~3時間

料金

無料

アクセス

  • 日の出町駅から徒歩で10分
  • 桜木町駅から徒歩で15分
  • 桜木町駅から市営バス89系統「一本松小学校」行き「野毛山動物園前」下車

場所

神奈川県横浜市西区老松町63−10

緑の協会が運営していて、他に金沢動物園・ズーラシア・野毛山動物園があります。

なのに爬虫類館もあって爬虫類好きの方には特におすすめです。無料でワニもヘビもキリンもライオンもいます。

中でも日本で唯一、ニューカレドニアだけに生息するカグーを展示しています。めちゃくちゃきれいな色してます。

野毛山動物園は無料ですし、爬虫類館もあるので爬虫類好きには特におすすめです。

爬虫類館
ライオン
ヘサキリクガメ
カグー
野毛山動物園のレポートはこちら
【2019野毛山動物園レポート】無料で爬虫類館。飼育している爬虫類一覧も紹介。

他にもあわしまマリンパークのカエル館や円山動物園や日本平動物園の爬虫類館などもあります。

旅行に行く際は爬虫類・両生類の豊富な動物園さがしてみてください!

にほんブログ村 その他ペットブログ ヘビ(スネーク)へ
にほんブログ村

>へび牧場どらんごファーム

へび牧場どらんごファーム

ボールパイソンを中心にヘビ飼育・繁殖方法や動物園情報・動物雑学をわかりやすく紹介します。コンビニに冷凍マウスが置かれる日を目指してヘビ飼育の普及活動中。