【イズー観光レポート】飼育しているヘビやトカゲの種類一覧も紹介。

何回やってもカメレースが当たらない管理人のほーりーです。

今回は爬虫類の聖地、イズーのレポートです。

あいにくの台風前で雨にも少し降られましたが、静岡県のバナナワニ園とイズーとカワズーの伊豆爬虫類旅行に行ってきました。

 
ごはん怪獣
どらんご

イズーにいるヘビやトカゲはどんな種類?

ゴキブリの部屋はいい匂い?種類は?

ウミイグアナやコモドドラゴンはいる?

ふれあい体験や渥美さんのカメレースは何時?

園内マップがない?

この記事ではイズーで飼育しているヘビ・トカゲなど爬虫類の種類一覧やカメレースの時間、ふれあいの情報など紹介します。

アクセスやお土産などの情報はコチラ↓
爬虫類が多い!爬虫類好きにおすすめの動物園

園内マップはない?各施設を紹介。

イズーに園内マップはありません。いくたびに進化するからないそうです。たしかに行くたびに新しい展示場が増えています。

グーグルアースだとこんな感じです。なんとなくの順路を解説します。

①『体感型動物園iZoo』の所がメインの屋内展示エリアです。スタートはここからになります。

ミミナシオオトカゲやフィジーイグアナ、毒蛇たちを展示されてます。ふれあい体験や餌やりもできます。

②屋内のエリアを抜けると、屋外展示エリアに出ます。

ゾウガメ牧場やのぶ湖があったり、カメレオンやヨウスコウワニの屋外展示をしているエリアに出ます。

③『ドラゴンランチ』の所の下階は屋内展示エリアになっていて、屋外からここに入ります。

噂のゴキブリの部屋や奇蟲、ハダカデバネズミとかの展示があります。ここを上に上がると出口で、お土産やランチが食べられます。

『行く前に知っておきたい』カメレースの時間とふれあい・エサやり・記念撮影について紹介。

カメレースの開催時間

まず月曜から夜更かしでも紹介されたカメレースの時間から紹介。

平日●11:00~ ●14:00~ の2回 
土日祝●11:00~ ●13:00~ ●15:00~ の3回

渥美さん司会のカメレース

私も参加してきましたが、やっぱり外れました。こういうレース系の才能は無しです。

ふれあいとエサやりと記念撮影

ふれあいに関しては、イズーの飼育員の方が園内を巡回していて、声をかけると触らせてもらえます。私のいった時はムカシカイマンを連れて巡回中でした。日替わりのようでボアコンストリクターなどのヘビの日もあるみたいです。

エサやりは屋内展示エリアで、リクガメにあげる用の野菜を300円で購入してあげることができます。もちろんふれあいもできます。

こんな感じで普通にケヅメリクガメやアルダブラゾウガメが歩いてたりもします。前回行ったときはエボシカメレオンも普通に歩いてました(笑)

リクガメへ餌やり

記念撮影はゾウガメ牧場の前で、ビルマニシキヘビなどのヘビと撮影できます。

またゾウガメ牧場では、体重30kg以下の子供さんはゾウガメに乗って記念撮影ができます。私ももう少し痩せてれば…。

どんな種類のヘビやトカゲがいる?確認できた爬虫類を紹介。

確認できた爬虫類一覧

カメ目

  • ホウシャガメ
  • スッポンモドキ
  • ニシキマゲクビガメ
  • メキシコカワガメ
  • マタマタ
  • ズアカヒラタガメ
  • ヘルマンリクガメ
  • ロシアリクガメ
  • オオヨコクビガメ
  • モンキヨコクビガメ
  • マンヤマガメ
  • アカアシガメ
  • フリゾリリクガメ
  • ケヅメリクガメ
  • アルダブラゾウガメ
  • ガラパゴスゾウガメ
  • ギリシャリクガメ
  • ホクベイカミツキガメ
  • ミシシッピアカミミガメ
  • リュウキュウヤマガメ
  • カロリナハコガメ
  • セマルハコガメ
  • ビルマホシガメ
  • インドホシガメ
  • パンケーキリクガメ
  • ヒョウモンガメ
  • テキサスゴファーガメ
  • ヒラオリクガメ
  • キバラクモスガメ
  • イシガメ
  • クサガメ

ワニ目

  • ニシアフリカコビトワニ
  • コビトカイマン
  • メガネカイマン
  • インドガビアル
  • ヨウスコウワニ
  • シャムワニ

ヘビ亜目

  • ズグロニシキヘビ
  • キングコブラ
  • ブラックマンバ
  • タイコブラ(アルビノ)
  • トゲブッシュバイパー
  • ガボンアダー
  • インドネシアコブラ
  • エチオピアアダー
  • アカドクハキコブラ
  • シンリンガラガラ
  • ヒメハブ
  • カパーヘッド
  • アフリカニシキヘビ
  • ナミビアサンゴコブラ
  • ボアコンストリクター
  • キイロアナコンダ
  • オオアナコンダ
  • ビルマニシキヘビ
  • アミメニシキヘビ
  • カリフォルニアキングスネーク
  • テキサスインディゴスネーク
  • ソロモンツリーボア
  • コロンビアレインボーボア
  • エメラルドツリーボア
  • セントラルパイソン

トカゲ亜目

  • レッサーアンティルイグアナ
  • メルテンスオオトカゲ
  • ハイチゼンマイトカゲ
  • マスクゼンマイトカゲ
  • ジャングルランナー
  • ミミナシオオトカゲ
  • アオジタトカゲ
  • エリマキトカゲ
  • ストケスイワトカゲ
  • カニンガムイワトカゲ
  • ヒロオビフィジーイグアナ
  • グリーンバシリスク
  • ブラウンバシリクスク
  • オマキトカゲ
  • オオバタフライアガマ
  • トッケイヤモリ
  • ハナブトオオトカゲ
  • マキシムキングゾノサウルス
  • ツナギトゲオイグアナ
  • グリーンイグアナ
  • メキシコドクトカゲ
  • アメリカドクトカゲ
  • ミズオオトカゲ
  • ジャクソンカメレオン(キサントプロスと基亜種)
  • スパイニーカメレオン
  • グランドケイマンイワイグアナ
  • キューバイワイグアナ
  • サイイグアナ
  • サンサルバドルツチイグアナ
  • エグズーマツチイグアナ
  • ガラパゴスリクイグアナ
  • ベトナムワニトカゲ
  • シクラカベカナヘビ
  • トラキアアシナシトカゲ
  • マダラアオジタトカゲ
  • ジップスランドウォータードラゴン
  • ヒガシアオジタトカゲ
  • チュウゴクワニトカゲ
  • グレイオオトカゲ
  • レースオオトカゲ
  • オカアリゲータートカゲ
  • インドシナウォータードラゴン
  • スベヒタイヘルメットイグアナ
  • ガラパゴスヨウガントカゲ
  • バハブルーロックリザード
  • ブコトカゲ
  • サイデリックゲッコー
  • ミカドヒラタトカゲ
  • ハイチギャリワスプ
  • オオヨロイトカゲ
  • ワーレンヨロイトカゲ
  • ネッタイヨロイトカゲ
  • フトヒゲカメレオンモドキ
  • マツカサトカゲ
  • クジャクオオトカゲ
  • マダガスカルオオヒルヤモリ
  • スタンディングヒルヤモリ
  • テイオウヘラオヤモリ
  • スナオオトカゲ
  • ツギオミカドヤモリ
  • パンサーカメレオン
  • パーソンカメレオン
  • トゲオチャクワラ
  • フトアゴヒゲトカゲ
  • オニプレートトカゲ
  • ミナミテグー
  • レッドテグー
  • オオカンミカドヤモリ

一回では確認できないほどの数のでしたので間違い、抜けがあったらすみません。

ウミイグアナは前回行ったときはいたのですが、どうやら展示は中断してしるようですね。

でもうれしいことに 近日中にコモドドラゴンが公開されるようです。 2種類とも展示される日が待ち遠しいです。

確認できた爬虫類たちを紹介

ホウシャガメ

世界一美しいと言われてるマダガスカルのリクガメ。

レッサーアンティルイグアナ
レッサーアンティルイグアナ

日本でイズーでしか見れないイグアナ。

カリブ海のアンティル諸島に生息しているイグアナのようです。ペアで繁殖中。

ボルネオミミナシオオトカゲ

お分かり頂けましたでしょうか。そうです、流木の下のやつです。

全体の姿はこんな感じ。世界一珍しいトカゲと言われ、ボルネオ島の固有種です。野生ではミミズなどを食べて暮らしているみたいですね。

ヘビと同じく 、外耳が無いからミミナシです。もう少し姿をちゃんと見たかった(笑)

フィジーイグアナ

こちらもイズーでしか見れないトカゲ。

フィジー諸島に生息するイグアナで、世界一美しいイグアナと呼ばれてます。

ブラウンバシリスク

グリーンバシリスクと同様、水面を走ることができるトカゲ。

スピノサウルスみたいなクレストが超カッコイイ。

ズグロニシキヘビ

爬虫類も食べるオーストラリアのニシキヘビ。頭が黒いのリッチな感じ。

ペット業界にも出回りますが、手の届かない高級ヘビ。

オオバタフライアガマ

ベトナムに生息するトカゲ。地面に穴を掘って生活しているそう。

さてここからは毒蛇コーナーのヘビたちをUPしてきます。

キングコブラ

これが噂のキングコブラ。

東南アジアに生息し、まだ小さいですが世界最大の毒蛇になるそう。他のヘビを食べるのがキングの由来。

タイコブラ(アルビノ)

アルビノのコブラなんて初めて。

東南アジアに生息。畑とかにこんなのが出たら確かに怖いけど、一回フード広げてるの見てみたいですね。

ブラックマンバ

アフリカに生息する、世界第二位の大きさの毒蛇。

でも毒の強さは最強クラスで、攻撃的で超高速で動く最凶ヘビ。口の中は真っ黒。噛まれたら何回死ねるんでしょうか。

トゲブッシュバイパー

アフリカの森に生息してる樹上性の毒蛇。

悪そうな顔してるけど、とげ状の鱗と目がとにかくカッコイイ。このヘビだけ大人気でした。

こちらも人気のガボンアダー。

アフリカ産の大型の毒ヘビで最長55mmの世界最長の毒がを持つヘビ。

たしかにこんな感じで地面にいたら絶対気づかない。踏んじゃて噛まれそう…(笑)

インドネシアコブラ

黒いヘビ大好きです。

インドネシアに分布するアジアコブラの仲間だそう。フード広げてほしい。

シンリンガラガラ

有名なアメリカに生息するガラガラヘビ。

脱皮するごとに尻尾の内部に脱皮片が残り、音を出すことが出来る。 ガラガラの由来はそれを振って出す音が赤ちゃんをあやすガラガラに似てるのが由来。

アカドクハキコブラ

世界一美しいコブラと呼ばれるアフリカに生息する毒蛇。

最悪なのが、相手の目を認識して毒を吹きかけてくること…。命中率がとても高いそうです。カワイイ顔してますが、ヤバイやつでした。

エチオピアアダー

エチオピアの標高2000~2800mの高い所に生息する毒蛇のようです。いかにも悪そうな顔…。色がとってもきれいで見とれちゃう。

ヒメハブ
ヒメハブ

見てください、この悪そうな顔! 悪いわー。

日本産の毒蛇も捨てたもんじゃないです。沖縄と奄美に生息してます。毒性は死ぬほど強くはないみたいです。

カパーヘッド

アメリカマムシと呼ばれてます。

毒性はそこまで高くないそうです。顔の色がエグイきれいで、カパーは日本語で銅の意味です。

毒蛇コーナーの終わりには、ヘビ飼育の専門道具が…。

他にも毒ヘビはヘビ全体の25%でクサリヘビ科は出血毒、コブラ科は神経毒などの解説もありました。

毒蛇エリアの近くにも、リクガメのふれあいコーナーがありました。

ロシアリクガメやヘルマンリクガメが触り放題です。

ノドジロオオトカゲ

アフリカに生息する結構おおきくなるオオトカゲ。

メープルシロップのような体臭があるみたいですがホントかな…。

ハナブトオオトカゲ

こちらは世界最長種のトカゲ、ハナブトオオトカゲです。 インドネシアやパプアニューギニアに生息しします。

一番大きいトカゲだとコモドドラゴンが有名ですが、このトカゲは尻尾が全長の3分の2を占めていて、長さだとコモドより大きい記録があるようです。

荒っぽい性格らしくて、別名クロコダイルモニターとも呼ばてます。

キイロアナコンダ

水中に潜むキイロアナコンダ。獲物を水中で待ち構えてます。

映画にもなってるあのオオアナコンダと同じアナコンダ属ですが、こっちは少し小さくて3m程と言われてます。南米に生息します。

ニシアフリカコビトワニ

アフリカに生息するクロコダイル科最小のワニ。魚やカエル、甲殻類を主食にしているようです。

クリクリの黒目がかわいい。

コビトカイマン

南米のアマゾン川やオリノコ川などの熱帯雨林に生息してます。

別名がムカシカイマンと呼ばれ、ワニが出現した当時の時代のワニの特徴を残してる原始的なワニのようです。

目がこれまたカワイイ。一番好きなワニです。

ビルマニシキヘビ
ビルマニシキヘビ(アルビノ)
ビルマニシキヘビ(グラニット)

動物園の定番?ビルマニシキヘビです。でもイズーではノーマル、アルビノ、グラニットとモルフも勢揃い。

生息地はインドやベトナムなど東南アジアに広く分布してます。大きいですが比較的おとなしい個体が多いようです。

カミツキガメ

日本では外来種の定番として扱われてる、カミツキガメ。分布はカナダやエクアドルなど北米から中米にかけて生息してます。

故郷の緯度と日本の緯度が近いので国内でも越冬できてしまうのが問題になってます。

ワニガメに比べて縦に意外とジャンプできるので、ワニガメより怖いイメージ。でもコケ生えててカワイイですね。

ミズオオトカゲ

別名サルバトールモニター。タイやインドネシアと東南アジアに広く分布してるトカゲ。もはや恐竜レベル…。

都市部や水辺といろんな環境にいて、泳ぎがうまく動物食。

ミズオオトカゲ

複数で飼育されていて、水辺の環境が広くとられてました。いい環境で飼育されてて羨ましい。販売もされてますが、狭いウチの家では一生飼えないな(笑)

アミメニシキヘビ

顔が見えないシリーズ。ヘビってだいたい顔かくしてトグロ巻きますよね。

一応長さでは世界最長になるヘビです。最重量はオオアナコンダ。アルビノと奥はなんてモルフでしょう?めっちゃきれい。

こちらも東南アジアに広く生息していて、人を食べた例もあるニシキヘビです。

メガネカイマン

メガネカイマンの子供。イズーで産まれたみたいです。

メガネカイマン

メガネカイマンは南米に生息するアリゲーターの仲間で、目の間の骨がメガネをかけてるように見えるのが由来です。

ここから先は、外のエリアに出ます。

イズーは悪天候でも比較的楽しめますが、屋外エリアも充実してるので、天気が怪しい時は折り畳み傘もっていくのがオススメです。

ゾウガメ牧場(中)
ゾウガメ牧場(外)

外に出るとこにはゾウガメ牧場があります。ケヅメリクガメとアルダブラゾウガメ、ガラパゴスゾウガメとリクガメの大きさランキングTOP3がそろっています。あとなぜかアヒル…。

外ではごはん食べてるやつも。すごい数…。一番の見どころかと思います。

イズーにはたくさんインスタ映えスポットがあります。せっかくなんで自撮棒でどうぞ!

ただ人止め柵を越えて動物に近づけたり他の人や動物に迷惑・危険のある使い方をしないよう注意です。

スパイニーカメレオン

カメレオンのなる木です(笑) おわかり頂けましたでしょうか。

上の方にいます。 イズーにはこんな感じで隠された屋外展示の個体がたくさんいます。

スパイニーカメレオンはマダガスカルの乾燥した森に生息するカメレオンで、なんと越冬飼育ができるみたい。他にもジャクソンカメレオンなどもいたみたいですが、あの3本角は見つけてませんでした。

どこの動物園もそうかもですが、動物が遠くて見づらいこともあるので、双眼鏡をもっていくのがおすすめです。 カメレオン見つけるのに大活躍しました。

インドガビアル

最近ペアできたみたいのインドガビアル。広い豪華な施設でビップ待遇です。

♂は吻端がコブのように盛り上がるのが特徴。

唯一のガビアル科で、インドやネパールに生息してます。細長い口は水の抵抗を抑えて、魚をとらえて食べるのに適してるようです。

ヨウスコウワニ

普通に橋の下で屋外飼育されてます。この距離で見れるとは。

中国の長江の下流に生息するアリゲーター科のワニで、主食はタニシなどを食べてるようです。トンネルを掘って冬眠するワニなので屋外飼育にして繁殖を目指してるみたいです。

お次は珍しいイグアナコーナー。

サンサルバドルツチイグアナ

イワイグアナ属の最小種。バハマに生息していて、イグアナでは珍しく昆虫やナメクジも食べる雑食だそうです。

サイイグアナ
サイイグアナ

ナヴァッサ島やイスパニョーラ島、ハイチなどの乾燥地帯、海岸などに生息するイグアナのようです。

今回見たイグアナの中で最高にかっこいい。好きになりました。ほんとに角があってサイみたい。

エグズーマツチイグアナ

カリブのバハマ諸島固有種のイグアナのようです。びっくりなのが植物の他にハトのフンも食べるとのこと。現象には必ず理由がある…ですが何でですかね?

ガラパゴスリクイグアナ

エクアドルのガラパゴス諸島の固有種で、ウチワサボテンの花や果実を食べてるようです。

グランドケイマンイワイグアナ

カリブ海のケイマン諸島に生息しているイグアナ。オオイワイグアナの亜種になります。

キューバイワイグアナ

キューバ固有種のイワイグアナ。こちらがオオイワイグアナの基亜種にあたるようです。

のぶ湖

のぶ湖。無限にいるミシシッピアカミミガメに餌やりできます。ものすごい数です。来た人が外来種を捨てる問題を考えるいいきっかけを作ってくれそうです。

お腹もすいたので、レストランの方に向かいます。また屋内に入るとインスタ映えのキレイな方たちがいっぱい。

マダガスカルオオヒルヤモリ
エメラルドツリーボア
バハブルーロックリザード
パンサーカメレオン
インドホシガメ

このエリアはインスタ映えのキレイな種がいっぱいいます。

最後のはインドホシガメのサービスショット。

ダイオオサソリ

これには感動しました。噂には聞いてましたが、 ブラックライトでほんとに光るんですね…。

現象には必ず理由がある。…ですがハッキリとした理由はまだわかってないようです。謎だけど感動。

トルキスタンゴキブリ∞匹

噂のゴキブリの部屋。中はラブホみたいな色のライトで、モアモア・ムンムンして独特な臭いがます(笑)

あとから知ったのですが、あの感じはフェロモンによるものみたいですね。

でもこのゴキブリ、爬虫類用のエサで使うレッドローチです。安心です。この数は初めてみましたが(笑)

ハダカデバネズミ

最後はハダカデバネズミ。アフリカに生息する癌にならないネズミ。カワイイ。

女王を中心にコロニーをつくりますが、いったい女王はどれだったんだろう(笑)

イズーに行く前に。

イズーに行く前に役にたったもの紹介させてください。

イズーとカワズーのガイドブックが発売されました。 これを読めばさらに両館が楽しめるかも。

最後まで見ていただいてありがとうございます。

伊豆に行った際はイズーとカワズーへ!

にほんブログ村 その他ペットブログ ヘビ(スネーク)へ
にほんブログ村

>へび牧場どらんごファーム

へび牧場どらんごファーム

ボールパイソンを中心にヘビ飼育・繁殖方法や動物園情報・動物雑学をわかりやすく紹介します。コンビニに冷凍マウスが置かれる日を目指してヘビ飼育の普及活動中。