爬虫類飼育にも関係。サイテスや種の保存法、レッドリストって?

ホシガメが一番好きなリクガメです。

管理人のほーりーです。今回は爬虫類飼育において、知っておきたい動物関連の法律などについての記事です。

 
ごはん怪獣
どらんご

サイテスって?

サイテスがⅠ類になるとどうなるの?

レッドリストや種の保存法とはどう違う?

爬虫類飼育にも深く関係するサイテスやレッドリスト、種の保存法について解説します。

ワシントン条約(CITES)

日本語で『絶滅のおそれのある野生動植物の種の取引に関する法律』
英語で『Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora』のことで、略してCITES(サイテス)とよく呼ばれています。国際法で、日本での主な管轄は経済産業省。

サイテスは『種の保存法』と違い、対象となる動植物の『国際取引を規制する法律です。

よって絶滅しそうな動植物の採取を抑制して保護することにつながっています。生きてなくても、はく製や服などもダメなのです。

そしてどこかの国で3年に1回、サイテス会議が開催されてそのたびに更新されます。また開催国の生き物が優先して規制されるって噂をきいたことあります…。

またサイテスは附属書Ⅰ・附属書Ⅱ・附属書Ⅲの3つに分けられて、Ⅰ類になるとペット市場には出回りにくくなります。

リストなどはコチラから確認できます→*経済産業省*

Ⅰ類

  • 今、絶滅のおそれのある種で取引により影響を受けている、受けるおそれのある種。
  • 取引は輸出と輸入国の両方の許可書が必要。
  • 学術目的の取引はOKで、商業目的の取引NGです
  • ワニ、ムカシトカゲ、ウミガメ、チンチラなど

学術目的には動物園での取引も含まれるので、動物園は引き続き取引はできますが、ペット目的の国際取引は不可能になります。

Ⅱ類

  • 今は大丈夫だけど、取引を規制しなければ絶滅のおそれのある種になるかもしれない種。
  • 取引は輸出国の許可書が必要。
  • 学術・商業目的の取引両方OK
  • アリゲータートカゲ、ヨロイトカゲ、ボールパイソンなど

Ⅲ類

  • その国が自主的に取引の規制の為に、他の国の協力が必要とした種。
  • その国の申し出で追加・削除できる。
  • その国から輸入する場合、許可書が必要で、他の国から輸入する場合は原産地証明書が必要。
  • 学術・商業目的の取引両方OK
  • ワニガメ、カミツキガメなど

種の保存法

サイテスは国際取引を規制するものなので、輸入された生き物に対しては効力がありません。そこで登場するのが国内法の『種の保存法』です。主な管轄は環境省。

個体の取引の規制、国内に生息するものは生息地の保護、保護増殖を促進してます。

主にサイテスⅠ類の種類が登録(例外あり)されていて、コレまたいくつかの種類に分けられます。

国際希少野生動植物種

  • 主にサイテスⅠ類もの
  • 自然環境センターで登録(登録票貰う)して、取引(購入や販売、譲渡など)ができる
  • 登録できるのは、規制前に入手した個体、登録された個体どうしの子供
  • Ⅱ類の時に既に飼育していて、その後Ⅰ類にあがったものは『飼育するだけ』なら登録票の取得は任意
  • ビルマホシガメ、シナワニトカゲ、チンチラ、ヨウムなど

リストはコチラから→*環境省*

チンチラに登録票が無いコトに疑問に思い、環境省に確認したところ、チンチラやラクダなど、まれに登録票がいらない例外もいるとのことでした。主に産業動物が多いと思いますが、確認してみるのもいいかもしれません。

国内希少野生動植物種

  • 国内に生息する絶滅のおそれのある種
  • 特定国内希少動植物種等の例外を除き、学術目的以外は取引・採取が禁止
  • 第一種特定国内希少動植物種は『届出を行った事業者』ならば商業的取引はできる
  • 特定第二種国内希少野生動植物種として、『販売又は頒布目的』での採取や受け渡しが禁止であり、個人での飼育に関して大丈夫ということになります。
  • クロイワトカゲモドキやオットンガエルなど

詳しくは環境省のHPをご確認ください。⇨ 環境省

最近だとタガメなどがこの特定第二種国内希少野生動植物種に入りました。

他にも令和元年の追加として、爬虫類両生類では

  • サキシマカナヘビ
  • ミヤコヒバア
  • リュウキュウヤマガメ
  • トウキョウサンショウオ

国内希少動植物種のリストはこちらからご確認ください。 ⇨ 環境省

が追加されました。どんどん規制が激しくなってきているので、採取等の行動は慎重にならなければいけないかもしれないです。

レッドリスト

レッドリストとは、国際自然保護連合 (IUCN)が作成してる『絶滅のおそれのある野生動植物の種のリスト』です。その種、形態や分布域などのまとめた資料が『レッドデータブック』になります。

日本に生息する国内の野生生物について、環境省が危険度を評価しまとめています。

動物園やテレビで『絶滅危惧種です』など言われて使われてますが、絶滅危惧種と言っても、ランクがあります。

絶滅 (EX) 我が国ではすでに絶滅したと考えられる種
野生絶滅 (EW) 飼育・栽培下あるいは自然分布域の明らかに外側で野生化した状態でのみ 存続している種
絶滅危惧I類 (CR+EN) ※ 絶滅の危機に瀕している種
絶滅危惧IA類(CR)※ ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの
絶滅危惧IB類(EN)※ IA類ほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの
絶滅危惧II類 (VU)※ 絶滅の危険が増大している種
準絶滅危惧 (NT) 現時点での絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」に移行する可能性のある種
情報不足(DD) 評価するだけの情報が不足している種
絶滅のおそれのある 地域個体群 (LP) 地域的に孤立している個体群で、絶滅のおそれが高いもの

環境省レッドリスト2019の公表について [報道発表:平成31年1月公表]

環境省 より引用

Wikiで検索した時にも出てくるランクです。動物園にも書いてあることが多いので、よかったらどの位の危機のランクになってるのか見てみてください。高いランクになってくるとサイテスに影響してくるのです。

日本のレッドリストに登録されている種はコチラ

環境省(下のpdfから一覧を見ることができます)

世界のレッドリストに登録されている種はコチラ

THE ICUN RED RIST OF THEREATENED SPECIES

学名を入力することで、分布域やランクが出てきます!

*動物の学名と分類についてはコチラ*

にほんブログ村 その他ペットブログ ヘビ(スネーク)へ
にほんブログ村

>へび牧場どらんごファーム

へび牧場どらんごファーム

ボールパイソンを中心にヘビ飼育・繁殖方法や動物園情報・動物雑学をわかりやすく紹介します。コンビニに冷凍マウスが置かれる日を目指してヘビ飼育の普及活動中。