『ボールパイソン飼育セット』ケージや保温器具など飼育に必要なまとめ。

飼育方法といっても、人それぞれ・ヘビそれぞれです。

ボールパイソンなどの有名な種類はある程度、飼育方法が決まりきっていますが、その個体を観察してその子にあった環境を考察することも大事です。

今回はそんなことを前提に、うちでの飼育環境とおすすめの飼育用品についてご紹介します。

 
ごはん怪獣
どらんご

ボールパイソンの飼育に必要なものは?

おすすめの飼育用品やケージは?

どれくらいの大きさのケージがいい?

どれくらいの温度・湿度がいいの?

ボールパイソン飼育方法と必要なもの、ケージなどのおすすめの飼育用品を紹介します。

ボールパイソンの飼育環境。温度や湿度はどれくらい?

まず最初にうちの飼育環境を写真と図で紹介。

♂のバナナのボールパイソン。60×45×35のパンテオン使用を使用しています。

ケージの飼育用品の配置図はこんな感じ。

『暖突』という保温器具をサーモスタットに繋いで全体の温度を上げて制御しつつ、パネルヒーターで温度勾配をつけホットスポットを作ってます。

パネルヒーターはあくまで温度勾配をつける為に使用します。ですので目安として『ケージの3分の1程度』にかかるようにして使用しています。

温度勾配をつける理由は、爬虫類は変温動物なので自分での体温調節が苦手な為、いつでも好きな温度帯の場所を選んで体温・代謝を調節してもらうためです。

また夜間の温度帯の低い時に細胞を休めるので、夜間に温度を少し下げるのもポイント。

うちでは水入れを若干パネルヒーターの上に乗せて置くことで、ある程度湿度を上げられ、ヘビが入って温浴的なことができるようにしています。

よくある間違いですが、もちろんパネルヒーターはケージの外側に設定します。

『温度勾配』や『ホットスポット』など飼育に関する用語がよくわからない方はコチラの記事も参照してください。

肝心の温度と湿度は以下の通りで管理しています。

  • 日中の全体温度:28度前後
  • 日中のホットスポット:32前後
  • 夜間の全体温度:27度前後
  • 夜間のホットスポット:30度前後
  • 湿度は常に60〜70%を確保しています。

ベビーにおいては気持ちこれより2度くらい高めの温度で、呼吸器疾患がこわいので湿度も80%キープです。

ボールパイソンに限らずニシキヘビとボアでは呼吸器疾患になりやすく、特に冬場の乾燥する時期は、湿度はかなり神経質になった方がいいポイントかと思います。

乾燥する時期は、部屋に加湿器 + 濡れタオルをケージのかける + 霧吹きなどで湿度を維持しています。

また夏場は温度の上がりすぎ防止の為に、クーラーなどの対策が必要です。

流石にずっと35度を超える密室などでは耐えられません。

ヘビなどのエキゾチックな動物の飼育ではその動物の野生での生態を知り、より環境を近づけることでうまくいくことが多いです。

ボールパイソンの生態についてもまとめてますので、こちらもご覧ください↓

『ボールパイソン飼育セット』飼育に必要なもの一覧。

飼育に私が必須だと思うものざっと紹介。これだけです。

ケージ

おすすめのケージですが、『パンテオン』です。

『グラステラリウム』が良いという意見も多いですが、後述する『暖突』の取り付けがしずらいです。

あと観音開きなのでヘビだと開けた時に飛んでる可能性を考慮して、スライド式のパンテオンをオススメしてます。

よくヘビの飼育で言われるのが『トグロを巻いた時の3~5倍の広さ』が理想とされています。

♂のアダルトサイズのボールパイソンですと、なら約60~70cm(幅)×40~50cm(奥行)程のケージで飼育できます。

♀のアダルトサイズになってくると、約80~90cm(幅)×40~50cm(奥行)程の大きさが必要かと思います。

キチンと保温ができ、温度勾配を持たせられ、落ち着ける環境が作れれば、広いにこしたことはないと思います!

他のケージのように組み立てに力やコツがいるものではありませんのでオススメです。

パンテオンは組み立て式で、組み立てが必要になりますが、付属の工具で組み立てができます。初見でも15分あれば余裕で完成できるので大丈夫です。

扉はスライドドアで鍵が付属でついています。またパネルを組み替えて、通気メッシュにしたり、ガラスにしたりと生体に合わせて組み替えられます。

使わないときは、コンパクトに分解することも一応できます。どんなパネルヒーターも下の隙間に入れるので、そういった面でも使いやすい。

また6045なら高さもあるので、流木なども余裕で入ります。

運動するスペースや運動量も増えますし、エンリッチメントになり見ていて楽しいので、流木など何か登れるものを入れてあげるのもおすすめです。

後述する暖突も工夫して簡単につけれます。

レプタイルボックス(子ヘビの時)

ボールパイソンの子供なら上記のケージで大丈夫ですが、他の隙間から脱走しそうな小さい子ヘビ、レプタイルボックスなどの選択肢もありです。

コストも安くて使いやすいですが、すぐ大きいケージに買い替えは必要になります。

マグネットでロックがかかるようになっていて、アクリルの小さいケージでは一番使いやすいと思います。

だけど後述する暖突は直接つけれません。上に直接置くとケースが溶けるので。

そういう場合は、100均小さめのメタルラックやこういう台所周りで使いそうなやつに、バーベキュー網に固定した暖突を結束バンドで取り付けて、ケージを下にセットすれば保温はなんとかできます。

サーモのセンサーはケージの上に置くしかないですが。。

近すぎるとケージが溶けることもあるので、高さには注意して調整してください!

自分でワイヤーネットを結束バンドで繋げて、ラックを作ってもいいかもです。

暖突についてはコチラの記事で使い方など詳しくまとめています。

床材&次亜塩素酸水

ヘビ飼育で選択肢が多く、一番悩むのが床材かと思います。

また 床材でカバーしてもどうしてもケージが汚れてしまいます。へびのうんこは結構においますので、除菌・消臭が必要です。

床材

私は正直、ヘビ飼育はペットシーツが一番使い勝手はいいと思ってます。

水色のよくあるペットシーツは、見た目がトイレっぽくて悪いかもしれませんが、白いワンなど白系ペットシーツならそうでもないです。ワイドが60cmケージにはぴったりです。

フンや尿酸の状態も白色ならわかりやすいです。

爬虫類用の床材として売られているものです。よく売られているアスペン系の床材と違い、

  • エサをあげた時、チップがエサにつく
  • かみついた時に腸が飛び出してしまい、チップがつく
  • ネズミをのむ時、口内に付着する

など誤飲の可能性が少ないです。

また保湿性にもすぐれているので、霧吹きして湿度の管理がしやすいです。

ただ多湿すぎる、不衛生になりすぎると、ヤシ系(ハスクチップ)はダニや虫が発生する可能性があるので注意です。定期的な交換が必要。

次亜塩素酸水

これらはアルコール不使用の除菌消臭水で、病院などでも採用されてるみたいです。

使用後、すぐに水に戻るからペット関係の除菌・消臭として安心して使えます。汚れた個所にスプレーしてティッシュなどで清掃します。

水入れ

ヘビと言えばタッパーです。水はほぼ毎日、取り換えます。

特に幼体は湿度をかなり必要(70~80%)としますので、全身つかれるタッパーがいいです。

それ用も販売されていますが、100均の好きな大きさのを買ってきて自分で加工して作れます。

鉤状になってるアクリルカッターがやりやすいかと思います。

もちろん全体の湿度をあげる為に、濡れタオルなどをケージ内にかけて湿度をあげるとか、加湿器を稼動させる、まめに霧吹きするなどは必要です。

コチラは爬虫類用の水入れです。転かされにくいし、レイアウトを壊さないのが魅力かと思います。

うちでは一部でこのような皿タイプのものでも飼育しています。適切な湿度が維持されていれば脱皮などに問題はないのかと思います。

だけど全身入れるに越したことはありません!

全身入れる水入れをおくことで、ヘビ自身が好きな湿度の環境を選ぶことができるし、水に入って体温調節もできるからです。

暖突&サーモスタット

ケージの全体の温度を28度前後に上げるために使用します。

エアコンで管理なら保温器具は必要ありません(パネルヒーターは必要です)が、冬場は暖突などの保温器具が必要になります。

暖突

暖突ならやけどのリスクが無く、霧吹きもそのままできます。

ヘビの場合、ケージ内に保温球を入れるのは、やけどのリスクがあるのでおすすめしません。霧吹きで電球が割れるおそれもあります。

60~90cmケージならMサイズが良いと思います。

暖突なら特殊な加工でやけどのリスクが無く、蓋に取り付けられます。

暖突の取り付け方や詳しい使い方はコチラ⇩

しかし暖突は『温度を自動制御する機能』はないので、サーモスタット(温度を感知して、設定した温度になるようにON・OFFして自動制御してくれる)に接続します。

ちなみにだいたいのパネルヒーターの多くは自動制御してくれますのでサーモは必要ありません。

サーモスタット

設定しておけば、日中と夜間で温度差をつけられるのは嬉しい機能かなと思います。変温動物の爬虫類は夜間の温度帯の低い時に細胞を休めるので…。

少しお値打ちな爬虫類サーモです。ダイヤルによって温度設定を変えます。

しかしタイマーサーモみたいに、夜間と日中で温度差をつけたりするのは、ダイヤルを手動でまわして日々調節するしかありません。

また照明等のタイマー機能もありませが、しっかり温度は制御してくれます。

照明用のタイマー機能も欲しい方は、『希望の時間を設定して、ON・OFFしてくれる』タイマーコンセントを利用する手もあります。普通にホームセンターに売ってます。

蓄圧式霧吹き

暖突などで保温するとどうしても乾燥しますので、暖突が稼動している時期は、特に霧吹きによる湿度維持は重要です。ニシキヘビは呼吸器疾患が多いですから。

そこで便利なのがこの蓄圧式の霧吹きです。

普通の霧吹きと違い、ほぼ全自動で霧吹きができて手が疲れません。飼育個体が多い方には特におすすめです。

ちなみに関東住まいですが、毎日2回くらい霧吹きしても日本の冬の乾燥はなかなか勝てません。

そういった場合は以下のような対策をします。

  • 床材を保湿性のあるものにする
  • 濡れタオルをケージに掛ける
  • 加湿器を稼動する
  • 蓋の通気部分を一部、プラダンなどで覆って湿度が逃げないようにする

うちでは冬場は念のためこの超音波加湿器と加湿機能付きの空気清浄器を併用中です。

パネルヒーター

爬虫類は変温動物なので自分での体温調節が苦手な為、ふつうの温度の場所(28度前後)とホットスポット(32度前後)を設けます。

温度勾配をつけ、好きな温度帯の場所を選んで体温・代謝を調節してもらう為です。

この温度勾配を作る為に、パネルヒーターを使います。全体の保温は暖突などで行います。

特に冬場などはパネルヒーターのみだと確実に風邪ひきます。必ずエアコンや暖突などでケージ全体の空気を温めることが必要です。

寒いからずっとパネルヒーターの上にいて、低温やけどなどの事例もあるようです。

だいたいケージの1/3程の面積にホットスポット作れるようにウチでは使用しています。

うちではいろいろ試しましたが、コレが一番精度も機能もよかったです。10匹以上ボールパイソンがいますがコレ一択で使用してます。

多くのほかのパネヒはダイヤルでの調整ができないものが多く、ペットシーツなど薄く床材をひくと、温度が上昇しすぎてしまいます。

パネルヒーター自体の表面温度が42前後などのものが多いです。

そのため間にダンボールをはさんで調節したり、床材を厚くひいて調節など面倒です。

しかしコレならダイヤルで25℃~約45℃の間で調節が簡単にできて便利です。精度もこれが一番いい気がします。

サーモガン(放射温度計)

1家に1台のサーモガン(放射温度計)です。

何気に爬虫類用も売られているサーモガンですが、専用のものでなくて十分というか、ふつうの物の方が精度いい気がします。

爬虫類飼育で重要な温度勾配測定するのにかなり重宝します。

一瞬で、赤外線にて照射したところ表面温度を測定できるものです。レーザーポイントも出て楽しいです。

温湿度計

放射温度計は一応、表面温度を測定するのに適しているものです。ほとんど気温を測定しても同じ温度のことがおおいですが…。

いつでも温度を把握するためにこのツインメーターNEOをケージに入れてます。

コレは爬虫類飼育にとって重要な湿度も同時に測定することができ、かなりオススメです。

吸盤がついていて、ガラスケージに吸い付けられます。

特に湿度が低いとニシキヘビは呼吸器疾患になりやすいので、適切な湿度を維持するようにしてます。

値が張りますが、出せるならコチラの最高最低温度計のがいいかと思います。

最高最低温度計はリセット機能もついていて、1日の最高最低温度・湿度がわかり、夜間の温度の下がりすぎ、日中の温度の上がりすぎにいち早く気付けます。

この商品なら、INとOUT機能があります。

センサーで外から温度を測定できるので、ウンコも怖くありません。同時に温度計設置してる場所の温度も測れます。

体重計

子ヘビから育てている場合、成長の過程を記録しておく為にも体重を計るのはおすすめです。体重が増えて成長しているのが数値で見えるのは楽しいです。

またボールパイソンはよく長期で拒食します。季節性の拒食の時は、代謝が不活発になっているので体重の減少があまり見られません。逆に普通の拒食の時は、体重の減少が数値にも徐々に表れます。

健康のバロメーターとしても体重は大事です。

また何か病気になって獣医にかかった時や飼育・繁殖の相談をするときにも体重の変化の推移がわかっている方が適切な判断がしてもらえるかと思います。

私は1か月おきに体重は測定しています。 SNSでもこの体重計使ってるかたよく見ます。

この体重計なら値段も手ごろで、そこそこ大きく、風袋引き機能もついているので、大きめのプラケなどにヘビを入れて体重を計ることができます。

エサ&ピンセット

とりあえずピンセットはコチラがおすすめ。

竹製なので他のピンセットに比べて、生体が噛んでしまっても口内を傷つけにくくいのでおすすめです。

次にエサです。

ボールパイソンで使うのは一生マウスかラットでいいかと思います。

適切なエサの大きさ、給餌間隔、拒食、栄養価、冷凍餌の解凍方法などは以下の記事でまとめてますので、ぜひ見てってください。

最後まで見てくれてありがとうございます。
この記事を見てヘビ仲間が増えてくれると嬉しいです(๑╹ω╹๑ )

>へび牧場どらんごファーム

へび牧場どらんごファーム

ボールパイソンを中心にヘビ飼育・繁殖方法や動物園情報・動物雑学をわかりやすく紹介します。コンビニに冷凍マウスが置かれる日を目指してヘビ飼育の普及活動中。